外壁塗装って価格はどのくらいかかるの?

外壁塗装が剥離してしまうのはなんでなの??

外壁塗装が剥離してしまうのはなんででしょうか?

 

外壁塗装の剥離について調べてみました。

 

外壁に塗られている塗料は様々な原因ではがれていきます。

 

年月による剥離・耐久年数による限界・施工ミスといったことに注意してみましょう。

 

外壁塗装は月日が経つとどうしても取り替えないといけなくなります。

 

紫外線や雨などにさらされることで徐々に塗料がはがれていきます。

 

塗料がはがれていることが気になった人は外壁塗装の季節が来ているのかもしれません。

 

塗料には耐久年数が指定されていて、限界が来ると効果を失ってきます。

 

塗料に含まれている成分で耐久年数には違いがあるため、耐久年数の過ぎている塗料はすぐに取り換えるようにしてください。

 

塗料の剥離に一番多い原因ですが施工段階でのミスがあります。

 

塗装をした時期や気候、下塗りと上塗りの間隔と間違えたときなどがあります。

 

雨が降っているときに作業をしてしまうと塗装膜が分離してしまう事になり剥離しやすくなります。

 

上塗りと下塗りですが、時間的な間隔を十分に作らないといけないわけですが、間隔を作りすぎてもいけません。

 

天候の変化などで作業工程に乱れができたときに剥離しやすくなりますので注意が必要になります。

 

外壁塗装は、月日が経つことによる劣化・塗料に設定されている耐久年数経過・作業工程でのトラブルで塗料の剥離が目立ってきます。

 

塗料がはがれてくると浸水や紫外線のダメージが大きくなりますので、少しでも気になった人は外壁塗装を考えてみましょう。

 

外壁塗装で使用される合成樹脂調合ペイントについて!

建築資材として使用される塗料にはいろいろな種類がありますが、合成樹脂調合ペイントとはどのような塗料なのでしょうか?

 

最近では自分の家の内部や、外壁や屋根などの塗装を自分で行う人も増えているようですが、私達素人が知っている塗料の種類は水性や油性くらいだと思います。
しかしプロが使用する塗料にはウレタン塗装やラッカー塗装など、用途によって数え切れないくらいの種類があり、自分で塗装工事をする時にはどのような塗料を選んでいいか迷ってしまうことも多いと思います。

 

素人が塗料を購入する時にはホームセンターに行く場合が多いと思いますが、一般的にホームセンターで販売している油性塗料が合成樹脂調合ペイントとなっていて、私達素人に最も馴染みがある塗料が合成樹脂調合ペイントとなっています。

 

しかし合成樹脂調合ペイントは耐用年数が短いという大きなデメリットがあり、2年から3年と短いスパンで塗り替えが求められる塗料であるため、プロの塗装業者が住宅資材として使用することはほとんどないと言っていいでしょう。

 

特に現在では合成樹脂調合ペイントと同じような値段でより高品質で耐用年数が長い塗料を手に入れることができるようになっているので、合成樹脂調合ペイントは素人が趣味の範囲で使用したり、価格を限界まで抑えたい場合のみ使用されていると言っていいでしょう。

 

外壁塗装で人気の弾性塗料をご紹介!

外壁塗装工事に使用される弾性塗料とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

塗料には数えきれない種類のものがありますが、素人が弾性塗料という名前を聞くことはほとんどないと思います。

 

外壁塗装というものは、一度塗れば終わりというものではなく、その工程には下地塗り、中塗り、仕上げ塗りがあり、回数を多く塗るほど外壁の劣化や塗装の劣化やひび割れを防ぐことが可能になります。

 

弾性塗料とは、下地の劣化に対して弾性を持って伸び縮みする役割を持っており、分かりやすく言えば、外壁や塗装の下地の劣化やひび割れを見せないようにするために使用される塗料となっています。

 

弾性塗料とは、その名前の通りに弾力性を持っている塗料となりますが、その原材料になるものにはセラミックやシリコンやウレタンなどいろいろなものがあり、また最近では水性と油性のものに分かれて販売されています。

 

また弾性塗料には複層断層と単層断層の2種類のものがあり、複層弾性は下地と仕上げ塗りの間に塗るものとなっており、単層弾性は、下地の上に直接塗るもので、中塗りと仕上げ塗りを兼ねるものとなっています。

 

このように弾性塗料にもいろいろな種類のものがあるので、予算や工期にも合わせて選ぶようにして下さい。